感動、スリル、サスペンス、そして愛の日記です。
[29] [28] [27] [26] [25] [24] [23] [22] [21] [20] [19]
たかが目玉焼き、されど目玉焼き7c85bc9ejpeg    

卵は目玉だから
2つでしょう。

やっぱり
半熟じゃなきゃあ!

・・・ただ食べるカッコウは  最悪  

きみを崩さずにフォークで食べるってまず無理です。
口を近づけトゥルっときみだけ吸い上げて…


およそ貴婦人のすることではなく、はたまた紳士的でもなく、
ひと様の目を気にしつつ…   いかんいかん。

御上品に食べてみた。ナイフとフォークを使って背を伸ばし…




割れちゃった~。くやし~っ。


でもその後の「きみ」の混ざったベーコンはやっぱり美味~!
(その為にベーコンって敷いてあるのかもしれないなあ。)と
思いながら、すっかりきれいにふきあげてしまうもったいない精神(?)

こだわりはベーコンの焼き加減にしてもしかり。
カリカリかふんわりか。

我が家のベーコンはカリカリにするときは本当にかりっかりっの
チップスのようになり、フンワリソフトが良い人には
ほとんど焼かずに生でもOK。

ただこれにしてもうちの「お坊ちゃん」が作る目玉焼きが
サイコーなのはなぜ?

たかが目玉焼き、されど目玉焼き。

やっぱりいいかげん母ちゃんはここでも証明されてしまうのでした。。。


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
material by:=土井ハム=